体験を読む

ママさんインタビューアーが「薬や容器の捨て方」を調査 

薬局・薬剤師

こんにちは、ママさんインタビュアーの金丸です(*^_^*)
梅雨なのに、暑い日が続きますねー(;´Д`)

コロナの感染予防対策として、「マスクは紐を持って取り、袋に入れて燃やせるごみ袋へ」という捨て方が広まり実践されている方も多いと思います。

ではでは医薬品を捨てる時はどうしていますか?
阿知須店では、使わなくなった医薬品や使い切った空き容器の捨て方が分からないとのご相談が毎月数件あるのですって。

薬局では産業廃棄物になるわけですが、ご家庭ではどうしたらいいのでしょう。

もしかして、困っている方が他にもいらっしゃるのでは?今回は医薬品と容器の捨て方について、山口市の分別を調べてみました!!

最初に、

医薬品にはそのまま埋め立てられたり下水に流されたりすると生態系に悪影響のある成分を含むものがある為、“中身が残っている場合は必ず燃やせるごみ”に捨てるように勧めています。

「液体・軟膏は布などに染み込ませて」や
「ごみ袋が破れた時にも散らばらないようにしっかり古紙などで包んでから」捨てると良いそうです。

【容器の分別】

ガラス瓶:ごみ資源収集カレンダーに載っている通り、中身を出し切って「瓶」

錠剤が入っているシート:「プラスチック製容器包装」(裏にプラマークがあるもの)

アルミが貼ってあるままでかまいません。

※油性マジックで日付など書き込まれているものは「燃やせるごみ」になります。

洗えないプラスチックボトルプラスチック+ガラス:「燃やせないごみ」

スプレー+プラスチック:こちらは分別できますのでスプレー缶に穴を開けて「スプレー缶の回収ボックス」へ。プラスチック部分は「燃やせないごみ」です

迷われたら(山口市のごみ情報ダイヤル:083-902-0033)もありますのでご利用になっても良いと思います。

⇒困ったときには薬局へお持ちくださいね。

資源物は収集後、混ざっているごみを人の手で仕分けているそうです”(-“”-)”

作業員の方の安全の為にも、医薬品や容器を捨てる際にはこの記事を思い出していただけますと幸いです。(金丸)

#ママさんインタビュアー #使用済み自己注射針の回収 #期限切れ医薬品の回収
友だち追加

関連する記事はこちら