有限会社 仁成堂

お知らせinformation

【仁成堂】呼び出しベルを導入しました【感染症対策】

今年も残すところあと僅かになりました。

 

今年は予想だにしていなかった新型コロナウイルスの影響で、当たり前と思っていた生活が一変した1年でもありました。

私たちも、この1年様々な感染症対策を行なってきましたが、

このたびそのひとつとして【呼び出しベル】も導入しました(※一部店舗のみ)。

【呼び出しベル】と言えば、ショッピングセンターのフードコートなどで使われているおなじみのものですが

仁成堂でもこのシステムを利用し、お薬の準備ができ次第、音や振動でお知らせしています。

ご希望の方は、車や薬局外でお待ちになりたい旨をスタッフまでお気軽にお伝えください。

※導入店舗:大谷仁成堂薬局松ヶ丘店(益田市)・仁成堂薬局小郡店・仁成堂薬局阿知須店(山口市)

 

また、引き続き従来の感染症対策も徹底しております。

・飛沫防止対策(アクリル板設置)

・空間清浄

・足ペダル式の手指消毒スタンド

・キャッシュレス対応の会計

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●○飛沫防止対策○●

ビニールカーテンからアクリルパネルに変更しています。

 

○●空間清浄●○

プラズマクラスター搭載の空間清浄機で、待合室の隅々までパワフルに清浄します!

(※設置機器は店舗によって異なります)

 

●○手指消毒スタンドとキャッシュレス決済○●

 

皆様に安心してご利用いただけるよう、

仁成堂はこれからも出来ることをひとつひとつ行なってまいります。

 

【仁成堂】管理栄養士が食生活のお悩み・お困りごとをサポートします

こんにちは!

小郡店管理栄養士の内田です(^^)

 

以前のブログで小郡店と阿知須店に管理栄養士が在籍していることをお知らせしましたが、

ちょっと聞きたいんだけど…と相談に来て下さる方がいらっしゃいます😃

糖尿病で食生活が気になるという方でも、外食や惣菜が中心なのか、ご自分で調理をされるのか、

どれくらい間食をされるのか、運動はできそうかどうかなど、その方の食生活に合わせて、

外食メニューの選び方をお伝えしたり、ご飯・間食の量や内容はどれくらいなら無理なく頑張れそうかなど、

一緒に相談しながら考えています。

前より調子が良くなった!教えてもらったレシピを作ってみたら、簡単にできたからこれからも作るね!

など、相談に来て下さった方のお役に立てると、私たち栄養士もとても嬉しいです(*^o^*)

検査の後は何をたべたらいいの?ダイエットレシピが知りたい!など、

どんな些細な疑問や心配事でもお答えします!

管理栄養士がいれば飛び込みでの相談も可能ですよ(*^^*)

また、トマト薬局でも月に1度栄養相談会を行なっています🍅

ぜひ店舗スタッフまでお尋ねください😆

 

【宅配クック123山口店】藤本さんのお米ができるまで004【稲刈り編】

宅配クック123山口店の店長の小柳です。

先日、配達スタッフでお米も生産されている藤本さんの田植えの様子を紹介いたしました。

↓前回の記事はこちら↓

(ここをクリック)

 

今回は、稲刈りの様子をお届けします。

令和2年9月14日に見学させて頂きました。この日で最後との事で、

今日刈るところ以外の場所は、9月の1週目に行ったそうです。

今年は例年よりも早く稲刈りをしたとの事です。それには理由がありまして、

9月7日に大型で非常に強い台風10号が接近していたので、上陸前に早めに稲刈りをしたことと、

今年は山口で稲の害虫である「ウンカ」が大量に発生し、

藤本さんの田んぼにも少し発生したため、被害が広がらないうちに刈りを早めたとのことです。

当日は天気も良く、私が到着した時には稲刈りの真っ最中でした。

コンバインを使って、稲刈り作業を進めていきます。

コンバインでは、田んぼから稲の刈り取りと脱穀(稲の穂先から籾〈もみ〉だけをとる)を同時に行います。

籾以外のわらは細かくなって、コンバインの後ろから出てきます。

コンバインで刈り取る位置を微調整しながら進むのですが、

田んぼの端を刈る時と、向きを変える時が難しいとの事です。

稲を刈り脱穀してコンバインに集めた籾は、トラックに移します。

移した籾は倉庫にある乾燥機に入れて、乾燥作業を行います。

 

 

通常、刈り取ったばかりの籾は、24%ほどの水分を含んでいますが、

それを15%前後まで乾燥させます。

 

 

乾燥は翌日までかかるそうです。その後、乾燥した籾から殻をはいで玄米にする、

籾すり作業を機械で行い完了です。

乾燥した籾から、

 

殻をはいで玄米になります。

 

 

今年は、ウンカの影響や台風に備え、早めに稲刈りをしたことにより出来が悪く、

例年の7割程度しか収穫できず、今年は宅配クック123山口店で使用する分がありませんでした。

残念ですが、しょうがないですね。

 

今回、お米ができるまでを取材して、大変さがすごく分かりました。

今までいつでもあるものだとしてお米を食べていましたが、

作る人たちの気持ちが理解できたので、一粒一粒大事に食べるようになりました。

来年は藤本さんの田んぼでたくさん収穫できるように願っています。

そして、来年こそは宅配クック123山口店をご利用のお客様に、

藤本さんのお米をお届けしたいと思っております。ありがとうございました。

 

【仁成堂】ママドラフト会議®に参加してきました

こんにちは、本社の大谷(章)です。

昨日、山口県では昨年に続き2回目の開催となる「ママドラフト会議®in山口」に

社長の大谷と一緒に参加してきました(^^)

ママドラフト会議®とは、

仕事と家庭を両立させたい女性と、雇用を検討する企業が出会うミートアップイベント。

今年は働くチャンスを探す43名の女性と、雇用を検討する企業55社が一堂に会しました✨

 

参加女性の方のプレゼン後、企業と参加女性と入れ替わりながら情報交換。

(お声をかけて下さった参加者のみなさん、ご覧になっていないかもしれませんが

ありがとうございました✨)

あっという間に時は過ぎましたが、こういった機会がなければ

普段なかなかお会いすることが出来ない皆さんとお話ができて

ママドラフト会議®は、私たちのような企業にとっても本当にありがたい場ですね✨

ここからまた、新たな出会いがあると良いな…なんて思いながら

とても充実した気持ちで昨夜は眠りにつきました(笑)

お世話になった特定非営利活動法人あっとの皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

【仁成堂】薬剤師さんに学ぶ子どもとお薬講座【参加レポート】

お久しぶりです!小郡店のヤマシタです(/・ω・)/

10月29日(木)に小郡保健福祉センターで行われた

「薬剤師さんに学ぶ子どもとお薬」講座に参加してきましたので、

その報告をさせていただきます。

なんと・・・

この講座の講師は・・・

\ 我らが仁成堂の薬剤師・嶋村さんでした!/

講座は小さいお子さんを持つお母様方で満員( ゚Д゚)!

(※ソーシャルディスタンスは保たれていました)

 

講座ではお子さんに薬を飲ませるポイントや、

実際にお薬を団子状にして飲ませるワークも織り交ぜながら

なかなか学ぶ機会が少ないお母様方に丁寧にお話していました。

お子さんにお薬を飲ませるとき、お母さんの表情がとても大切だそうです!

お子さんもお母さんの表情をくみ取って、

【お薬 = 嫌なこと】と思わせないように笑顔で接することが大切です!

お薬を団子にするワークの写真が撮れなかったので、薬局に帰って練習してみました。(笑)

 

粉のお薬に少量の水を加えて練ることで、小さな団子が出来ます。

お子さんの上顎や奥頬にくっつけることで、嫌がることも少なく飲ませることができる!という方法です(・∀・)

 

お母様方も熱心に聞いてしっかりとメモを残していらっしゃって…学ぶ意欲に圧倒されるほどでした。

私も聞きながら目からウロコなポイントが他にもたくさんありましたので、

今後お伝えしていきたいと思います(^^)/

他にも健康福祉センターの方が準備して下さった資料も多々あり、

お母様方は様々な情報をゲットされていたようです。

仁成堂薬局ではお薬の飲み方のポイントやお困りごとがございましたら

いつでもご相談を受け付けておりますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください!