有限会社 仁成堂

お知らせinformation

【阿知須店】鬼は~外!福は~内!【節分】

こんにちは、阿知須店のであっさんです😄

今日、2月3日は節分の日ですね!

 

ということで…

 

阿知須店では、豆まきを行いました!(⌒▽⌒)/゜°。゜

 

 

ろざこさんが鬼に変身👹

薬局に鬼がやってきた!( ゚Д゚)

「鬼は~外!福は~内!」

節分は「みんなが健康で幸せに過ごせますように」という意味をこめて、悪いものを追い出す日です

普段は家で豆まきをしない私ですが、職場でまさか出来るなんて!✨

年のはじめに体調を崩してしまったので、健康を必死に願い豆をまきました(´艸`*)

ばいばい鬼さん!

 

そして2月4日は立春!

暖かくなってきて、綺麗な春のお花が咲きだしますね🌸

みなさんも健康に気を付けて、素敵な春をお過ごしください^^

【宅配クック123山口店】123の日のちぎり絵♪♪

宅配クック123山口店の店長の小柳です。

宅配クックでは、1月23日を、「123の日」としており、毎年様々な企画を行っております。

本年はお客様に「123の日オリジナルちぎり絵」をお渡しいたしました。

 

 

ちぎり絵とは、和紙を手でちぎって、のりで台紙に貼り作品を完成させます。

指先を動かす事で末梢神経を刺激し、認知症予防にも繋がります。

 

今回は私もちぎり絵にチャレンジしたいと思います。

 

この台紙に、見本の通りにパーツを手でちぎり、貼っていきます。

 

ハサミで切るのとは違い、細かいところをちぎるのはとても難しいです。

見事完成しました。出来栄えは・・・

宅配クック山口店では、こうした取り組みを定期的に行っております。お客様にも喜んで頂いております。今回のちぎり絵も数量が少し残っておりますので、気になった方は店舗にご連絡くださいませ。

 

【阿知須店】“メルカリ教室出品体験編“が開催されました!【レポ】

こんにちは!阿知須店の“ろざこ”です!

1月18日(土)、阿知須店にて【メルカリ教室】が開催されました!!

 

初めての方でも安心!

アプリのインストールから丁寧に教えてくれます!

テキストも可愛い☆

仁成堂薬局からもささやかですが、

おもてなしのお菓子を用意させて頂きました♪♪

 

講師は、まごころサポート 新山口・すずき店の鈴木さん!

とにかく明るくて!会うと元気になれる!そんなお人柄の鈴木さん^^

今月から3月にかけて、あと5回「メルカリ教室」を予定してくださっていますが、
鈴木さん、これからもどうぞよろしくお願いしますね♪♪

 

出品体験編ということで!

参加者の皆さんには、実際にメルカリに出品したいものを持ってきて頂いたのですが、

お洋服、ブランド品、キッチン家電、DVD・・・

このあたりでしょうか??

 

①写真撮影 → ②商品説明入力 → ③出品ボタン
の「カンタン3ステップ」で、

ちょっと私も始めてみたくなりましたね( *´艸`)

帰りの車内では、

「あれ出そうかな」「あれ要らないな」と、

頭の中で出品計画。笑

 

そしてです!!

なんと!参加者の出品したものがその場で売れちゃいました!

思わず拍手が起こる会場。

すごいです!!

 

最後に参加者の皆さん、講師の鈴木さんと記念撮影☆

こちらの教室、3月にかけてあと5回開催予定ですが、

最終回(3月19日(木)14時00分~16時00分)のみ残席がございます(;;)
ご興味のある方は、ぜひお早めにお申し込みくださいませ💦

【申し込みはここから】

【宅配クック123山口店】お米のこだわり【生産者インタビュー】

宅配クック123山口店の店長の小柳です。

 

宅配クック123山口店では市内の業者さんからの仕入れに加えて、

当店の配達スタッフの藤本さんが作ったお米を使用しています。

藤本さんは週に2,3回ほどお弁当の配達をしながら、お米も育てています。

今回は藤本さんにお米を作る上での苦労やこだわりを聞いてみたいと思います。

 

-どのような経緯でお米を作るようになったのですか?

父が防府市田島で米を育てていまして、10年ほど前から手伝いを始めました。

4年前父の体調が悪くなってからは1人で米を育てています。広さは7反(1反=300坪=990㎡)くらいです。

品種はヒノヒカリ・きぬむすめ・ひとめぼれを作っています。

―1人でやられているんですね。すごいですね。収穫量はどれくらいになるのですか?

昨年は50俵(1俵=60㎏)作りました。そのうち16俵を宅配クックに、残りは親戚や知人に卸しました。

―お店でも大変助かっています。ありがとうございます。お米を作る上でいろいろ苦労があると思いますが、

一番大変なことは何でしょうか?

一番大変なことはやっぱり天候ですね。自然が相手なので思い通りになりません。

特に最近は異常気象みたいな感じで、暑い日が続いたり、雨が降らないと思ったらものすごい量の雨が急に降ったりと、

気が気でなりません。仕方のないことですけどね。

―確かにそうですね。今年の冬もそんなに寒くないですし、夏はとても暑かったですね。

ではお米づくりのこだわりはありますか?

有機栽培にこだわっています。有機堆肥を使い、農薬も必要最低限しか使いません。

とにかく土づくりにこだわり、地力(ちりょく 土地の生産力)を上げる努力をしています。

おかげさまで、一昨年、お米の品質を評価してもらったところ、特Aを頂きました。

―特Aはすごいですね。私も藤本さんのお米を美味しく頂いています。

それでは最後にお弁当を召し上がられている皆様にメッセージをお願いします。

私が精魂込めて作ったお米をしっかり噛んで、じっくり味わって食べてください。

そして元気で長生きしてください。これからも皆様に会いに行きますのでよろしくお願いします。

―ありがとうございました。これからも美味しいお米を期待しています。

  

生産者でもある藤本さんは私たちスタッフにとっても頼もしい存在です。

皆様も藤本さんのお米を食べてみたいと思った方がおられましたら、

お気軽にお問合せくださいませ。よろしくお願いいたします。

【小郡店】七草粥で胃の調子を整えよう!【管理栄養士・ウチダのおうちごはんVOL.2】

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

小郡店、管理栄養士の内田です(^^)

 

あっという間にお正月から1週間が過ぎましたね。

 

昨日になりますが、1月7日といえば…七草粥ですね(・∀・)

七草粥を食べる風習は江戸時代ごろに広まり、体に良い食材を摂ることで、

一年の無病息災を願ったといいます。

また、お正月の祝酒や御馳走で弱った胃を休ませるという目的もあります。

春の七草、全て知っていますか?

 

 

左から、せり・なずな・ごぎょう(写真1枚目)はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ(写真2枚目)です(・∀・)

七草にはカロテンが豊富に含まれているので、免疫力も高まります!

 

 ■□■□ レシピはコチラ!! ■□■□

    🌼  材  料  🌼        2人分

    米    1/2合(約80g)

    水    560ml

    七草   適量

    塩    少々

    🌺  作 り 方  🌺

    1.すずな(かぶ)、すずしろ(大根)は切って茎と実に分ける。

      実の部分は根元を切り落とし、すずなは4等分、すずしろは縦半分に切って、

     それぞれ薄切りにする。

    2.鍋に湯を沸かし、塩少々、すずな・すずしろの実を入れて柔らかくなるまで中火で加熱し、取り出して水気を切る。

    3.2の鍋に洗った葉物類(すずな・すずしろの茎も)を入れて、30秒ほど茹で、水にさらして水気をしぼり、

     粗みじん切りにする。

    4.別の鍋に洗った米と水を入れて加熱し、沸騰したら弱火にして30分ほど炊く。

     時々様子を見ながら、吹きこぼれそうになったら蓋をずらし、蒸気を逃がす。

     水分が少なくなったら少し水を足す。

    5.塩、七草を全て加え、軽く混ぜて温めたら出来上がり。

 

緑の野菜が不足しがちなお正月。七草で胃の調子を整えましょう!

皆さんもぜひ作ってみて下さいね(^^)/