有限会社 仁成堂

お知らせinformation

【仁成堂】2月6日はブログ(26)の日

こんにちは(^^)
本日2月6日は“ブログの日”だそうで、ブログ担当大臣から命を受け筆を執った本社・大谷(章)です。

そもそも、仁成堂のFacebookだったりブログだったり、情報発信を始めたのっていつくらいかな?とあらためて振り返ってみることにしました。

と、その前に余談ですが、この2月で小郡店が開局して11年目を迎えることができました✨
島根県益田市の『大谷仁成堂薬局』が『仁成堂薬局』として山口地区に初めて出店したのが小郡店でした🎀
当初は、専務(現・社長)・田辺さん(現・小郡店店長)・名もなき私(笑)をはじめ6名のスタッフでのスタート!

それから時は流れ、山口地区にも、阿知須店に宅配クックにトマト薬局にと徐々に店舗もスタッフも増え、なんとも隔世の感があります💦

閑話休題、情報発信のスタートは2014年のFacebook。
当時は、薬局の出来事などを中心に毎週更新していました。

途中、仁成堂SNS史上最悪の悲劇ともいわれている「fecebook記事消失事件」(投稿していた記事がある日突然、何者かの力により半分以上消失してしまうというナゾ事件・・・)

を乗り越えながら、2017年の阿知須店開局時に現在のブログがスタートすると同時に、

「じんせいどう通信」の前身となる「JINSEIDO+」の発行も始まりました。

当時、情報発信は私が単独で行なっていたのですが、
2018年には「しんぶん委員会」なる組織が誕生し(!)、
より多くのスタッフが関わってくれるようになりました。年譜作ろうかしら・・・?

しんぶん委員会のメンバーは、薬剤師・事務にかかわらず各店から選出され、
今では益田地区も含め、ほとんどのスタッフがブログや紙面づくりに何らかの形で関わってくれています。

↓ 先日更新した「マスクの着け方」の写真撮影。どうやったら伝わりやすい写真が撮れるか試行錯誤です📷 ↓

↓ じんせいどう通信の紙面づくりに全力を注いでくれる阿知須店“ろざこさん”(ブログ担当大臣)↓

ブログ担当大臣・ろざこさんから思わぬ使命を受けた私でしたが、“ブログの日”をきっかけに
懐かしい日々に思いを馳せることができて有難い気持ちでいっぱいになりました
ろざこさんありがとう♡

「じんせいどう通信、読んでるよ」「これはアナタが書いたの?」
そんな皆様からの一言が、私たちの何よりのパワーになります。

月並みな言葉ですが、これからもよろしくお付き合いください。